古い家は耐震リフォーム

古い家は耐震リフォーム 日本は自然災害が多い国ですが、特に地震が心配という人は多いのではないでしょうか。日本では、いつどこで、大きな地震が発生しても不思議ではありません。現在は多くの家屋が新しい耐震基準で建てられているので、倒壊のリスクはかなり抑えられています。とはいえ、まだまだ古い耐震基準で建てられた家も多く残っており、不安を感じている人もいるのではないでしょうか。
かといって、建て替えとなると多くの費用も発生します。
今住んでいる家を費用を抑えて、より強くするならリフォームも考えてみましょう。リフォームなら、今の家を残しながら、少ない負担でより強く丈夫な家にすることも可能です。
工事にもいろいろな種類があり、重い屋根を金属ルーフに葺き替えるなどで軽量化することも効果的です。このほかには外壁に補強材をかけて壁を強くする方法もありますし、金具を土台や柱、筋交いなどに取り付ける補強工事が行われることもあります。家の状態によって、ふさわしい工事は変わってきますので、まずは専門業者に相談してみましょう。

耐用年数と減価償却を考える

耐用年数と減価償却を考える リフォームを行う時、どれくらいの耐用年数となるのかを気にすることは重要となります。基本的に工事を行う場合、一般的には20年ほどを見越して工事を行っていることが多いです。特に耐用年数を気にするのは、賃貸物件を持っているオーナーが多いといわれています。
実際に利用するときにどれくらいの年数なのか確認し、節税を行うことが必要となるため、慎重になる事は多いでしょう。しかし、減価償却も同時に考えなければ意味がない為、確認しておくことが必要です。
リフォームの場合、建物を長持ちさせるために必要な支出とみなされる為、修繕費として計上されずに基本的支出とみなされることがあります。基本的支出と判断された場合、減価償却を行わなければならなくなる為、確認しておくことが必要となります。
一般的に工事費用が20万円以上を超えると基本的支出と判断される可能性が高いです。ただし、3年以内に定期的に行っている20万円以上の工事費用の場合は、修繕費として計上されることがあります。また、原状回復のために行われた工事と、元の状態よりも価値を高めるために行われたものとで別の判断をされることが多い為、確認しておきましょう。